大牟田市で印鑑、ゴム印、名刺をお探しの方はHANKICHI大牟田へ!

 

社印(角印)

 

 
木製の印材としては古くから使われており、一般的な印鑑として広く愛用されています。
柘には種類がありますが、本柘は柘の中でも高級品とされており、長い間使用してもあまり変化がないことが特徴です。
 
  18.0mm 9,238円
  21.0mm 9,810円
  24.0mm 10,381円
  彫り代 1,500円
 

アグニ

アグニ
 
鮮やかで深みのある赤茶木目の印鑑材料です
アグニの特徴 アグニは北海道産の落葉広葉樹「真樺」の
薄い板を印鑑に必要な厚みへと積重ねて熱圧成型した材料です。
鮮やかで深みのある赤色とあたたかで深みのある木目で性別を問わず人気の高い印材です。
水牛系の材料に近い硬さを持ち、捺印性も動物性のツノや牙で作った印鑑にも劣りません。 
 
  18.0mm 14,667円
  21.0mm 15,333円
  24.0mm 16,476円
  彫り代 2,000円
 

黒水牛

黒水牛
 
しっとりとした深い黒で重厚感のある印鑑材料です。
黒水牛(芯持)の特徴 アジア水牛のツノは一生伸び続けますが、
鹿のツノのようにまた生えてくるようなことはありません。
大きく伸びても大半の部分は空洞になっており、先端のごくわずかな部分だけを印鑑の材料として使います。 黒水牛の稀少性が高いのはこのためです。
しっとりとした黒水牛の重厚感や風格と、印鑑に適した硬さ、朱肉のなじみの良さから高級印鑑の材料として人気です。
湿度の変化や紫外線に弱いので、印鑑ケースに入れて保管をしてください。
 
  18.0mm 17,143円
  21.0mm 18,857円
  24.0mm 19,524円
  彫り代 3,000円
 

オランダ水牛

オランダ水牛
 
ナチュラルな高級感のある美しい印鑑材料です。オランダ水牛の特徴 印鑑の世界でオランダ水牛と呼ばれる陸牛のツノです。
素材の色が淡く、乳白色の部分とやや褐色の「ふ」と呼ばれる部分の濃淡が美しい印鑑材料です。
黒水牛に比べ、稀少性が高く「ふ」の少ない乳白色の材料が高級品とされていますが、濃淡によって現れる模様の味わいが魅力的です。
ナチュラルな風合いと、印鑑に適した硬さ、朱肉のなじみの良さから高級印鑑の材料として人気です。
湿度の変化や紫外線に弱いので、印鑑ケースに入れて保管をしてください。
 
  18.0mm 25,524円
  21.0mm 26,095円
  24.0mm 27,714円
  彫り代 5,000円
 

印鑑ケース

印鑑ケース
 
印鑑とセットで購入される場合はお安くなります。
法人印鑑ケース:2,500円~
<<株式会社ワールド>> 〒836-0852 福岡県大牟田市曙町1番地12曙ビル1F TEL:0944-32-8999 FAX:0944-32-9039